クリニック専用プラセンタ、海外プラセンタ、ヒトプラセンタ なにがいい?

プラセンタの基礎知識を身につけよう。

 

美容と健康を求める人、すべてに愛される「プラセンタ」について

 

プラセンタについてはご存知の方も非常に多いと思いますが、実はプラセンタ(胎盤)が美容と健康を求めるる人達に注目されてきたのは、歴史的にも非常に古かったのです。

 

古代より注目されてきたプラセンタを愛した人々

日本の女王「卑弥呼」
エジプトの女王「クレオパトラ」
中国の唐の時代の美女「楊貴妃」
フランス王妃の「マリーアントワネット」
古代ギリシャの医師「ヒポクラテス」

 

そして、現代には、プラセンタ(胎盤)を原料にしたプラセンタ注射というものがあります。

 



プラセンタ注射が健康と美容に大変注目されている理由

プラセンタ注射は本来肝臓の治療目的に医薬品メーカーによって開発されたものです。
それがプラセンタ注射をすることで「アンチエイジングに効果的!?」という事が世の中に浸透してからは、美容クリニック等で非常に人気になりました。

 

しかし、美容目的のプラセンタ注射では当然保険も効かず、1アンプル(1回の注射)でも結構お金はかかるものです。
また、どんなにプラセンタ注射を望まれても日々クリニックに通うことは難しいことです。

 

 

そこで開発されたのが、各メーカーが販売しているプラセンタを原料にした健康食品(プラセンタサプリメント)なのです。

 

美容大国の韓国で開発されたものや、日本の大手健康食品メーカーが開発したもの、または本格的に医薬品メーカーが開発したもの「ラエンネック POなど」のプラセンタサプリメントが世の中にひろまりました。

 

※補足『ラエンネックPOはヒトプラセンタサプリメントです。医療機関にしか発売されておりませんのでご希望の場合はクリニックでご相談する必要があります。
ただし、ヒトプラセンタサプリメント「日本生物製剤のラエンネックPO」は、実は海外では日本製が一般販売されております。
日本では医師による処方以外は現在市販できないサプリメントなので、欲しくても逆輸入するしかない状態です。』

 

 

一般的に市販されている「豚」や「馬」のプラセンタサプリメントならば、各大手メーカーが製造し、ドラックストアーなどで一般販売されております。
ただし、国によって製造基準はもちろん定められていないため、品質についてはメーカーを信頼しお試してみてはどうでしょう。
※プラセンタサプリメントは、「食品」とされております。「医薬品」ではありません。

 



更新履歴